©winkey Co.,Ltd.All rights reserved

ART BOOKMARK アートブックマーク

ARTをもっと楽しく

美術展・展覧会情報
  • Twitter B&W
  • Instagram B&W

December 2, 2019

エドゥアール・マネ 《フォリー=ベルジェールのバー》 1882年 油彩・カンヴァス 

コートールド美術館蔵 © Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)

現在、東京都美術館で開催中の「コートールド美術館展 魅惑の印象派」に行ってきました。

イギリスの実業家サミュエル・コートールドが収集したコレクションが並ぶ本展。

ファン・ゴッホやルノワール、セザンヌやマネ、ゴーガンといった、誰もがその名前を知る印象派・ポスト印象派の作品が一堂に会する、とっても贅沢な展覧会です。

展示では、コートールド美術館...

November 28, 2019

現在、上野の森美術館で開催されている「ゴッホ展」に行ってきました。

人々を魅了し続ける画家、フィンセント・ファン・ゴッホの作品が10カ国・27か所から集められている展覧会です。

「ゴッホ」と聞くと、個性的で唯一無二の力強い画風と合わせて、そのセンセーショナルな人生を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

同じ画家仲間であるポール・ゴーギャンとのアルルでの生活がわずか3ヶ月で破綻し、自身の耳を切り落とした事件や、精神的に病んだことによる入院生活など、かなり強い印象があると思います。

しかし、この「ゴッホ展」を見ると、そうしたセンセーショナ...

October 23, 2019

(画像はFLYINGPOSTMANPRESS東京版10月20日発行号) 

東京都美術館で開催中の「コートールド美術館展 魅惑の印象派」。

本展覧会では、ロンドンにあるコートールド美術館のコレクションから、印象派・ポスト印象派の選りすぐりの絵画・彫刻約60点が展示されます。

実業家サミュエル・コートールドが収集したコレクションを核に1932年に設立された同館は、美術史や保存修復において世界有数の研究機関であるコートールド美術研究所の展示施設。

その研究機関としての側面から、画家の語った言葉や同時代の状況、科学調査により明らかになった制作の過程...

October 16, 2019

現在、上野の森美術館にて開催中の「ゴッホ展」。

強烈な色彩で人々を魅了し続けるフィンセント・ファン・ゴッホ(1853~90)。

37年という短い人生のうち、画家として活動したのはわずか10年間。その短い画業にもかかわらず、唯一無二の表現を獲得した背景には、静謐な「ハーグ派」と躍動の「印象派」という大きな2つの出会いがありました。

今回のゴッホ展では、この「ハーグ派」と「印象派」という2つのアプローチから、ゴッホの画業を深く捉えます。

ハーグ美術館の所蔵作品はもとより、イスラエルやスイス、モナコ公国など、10カ国・地域25カ所の所蔵先から、作...

October 16, 2019

10月19日(土)より国立西洋美術館にて開催される「ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」。

オーストリアと日本の国交樹立150周年を記念とし、ウィーン美術史美術館の協力のもと、世界屈指と言われるハプスブルク家のコレクションをご紹介します^^

広大な領地を支配下に収め、神聖ローマ帝国を代々世襲するなど常に脚光を浴びてきたハプスブルク家。

同家の人々はまた、絵画や工芸品、武具などからなる豊かなコレクションを築いたことでも知られています。

本展では、同家の個性豊かな人物たちを紹介しつつ、蒐集の歴史をたどり、コレクターごと、時代...

September 25, 2019

東京都美術館にて現在開催中の 「コートールド美術館展 魅惑の印象派」。

ロンドンにあるコートールド美術館のコレクションから、印象派・ポスト印象派の作品を紹介します。実業家サミュエル・コートールドが収集したコレクションを核に1932年に設立された同館は、美術史や保存修復において世界有数の研究機関であるコートールド美術研究所の展示施設です。本展覧会では、その研究機関としての側面にも注目し、画家の語った言葉や同時代の状況、制作の背景、科学調査により明らかになった制作の過程なども紹介し、作品を読み解いていきます。


日本の風景のようだと語られた...

August 30, 2019

現在、JICA中部なごや地球ひろばにて「はずむ!カラフルアフリカ展」が開催中!名古屋市内の書店などにて配布中の色鮮やかなこちらのしおり、お手に取っていただけましたか^^?

本展では、アフリカ大陸に住む人々の暮らし、豊かな自然、動物や鳥などを色鮮やかに描くアフリカン現代アートに加え、写真パネルにてアフリカ諸国の様々な一面をご紹介!
さらに、世界各国と日本の子どもたちが世界に訴えたいメッセージを込めて共同制作した巨大絵画もご覧いただけます。アートを通して今のアフリカを知り、さらに、SDGs(持続可能な開発目標)達成のために、私たち一人ひと...

August 20, 2019

現在、JICA中部なごや地球ひろばでは、アフリカからやってきた色鮮やかなアート作品や写真パネルを紹介する「はずむ!カラフルアフリカ展」が開催中。
 

協力:株式会社バラカ

まず目に飛び込んでくるものは、アフリカン現在アート、ティンガティンガ。

このパッと目を引くカラフルなアート・ティンガティンガは1960年代末期にタンザニアで誕生しました。当時、アフリカ土産としてタンザニアの骨董品屋に並べられている絵画のほとんどがコンゴから来たものでした。そのことに疑問を抱いたエドワード・サイディ・ティンガティンガは6色のエナメルペンキを使い、自然豊かな...

August 10, 2019

1985年の誕生以来、世界中の子どもたちを虜にし続けているシルバニアファミリー。小さい頃にお友達と遊んだり、大人になってからコレクションをしたり。お洋服や小物、ドールハウスを手作りしている方もいますよね。

そんなシルバニアファミリーの人形やハウス、家具が集結した魅惑の展覧会「森の仲間たちの素敵な世界。ここに登場!!シルバニアファミリー展」が名古屋栄三越7階催物会場で開催中です。

入り口では大きなショコラウサギファミリーがお出迎えしてくれます。TVCMでもおなじみの彼らが登場したのは2007年。意外に新しいファミリーなんですね!

シルバニア...

August 9, 2019

現在、名古屋市博物館にて開催中の『スヌーピーミュージアム展』。

シュルツ美術館の貴重な原画作品やスケッチ、ヴィンテージグッズなどが展示されています。作者チャールズ・M・シュルツが約50年にわたって描き続けた新聞掲載コミック「ピーナッツ」の魅力、スヌーピーやチャーリーブラウン、ウッドストックなど個性豊かな仲間たちをたっぷり楽しめること間違いなし。

しかも今回、ほぼ全ての展示物が写真撮影OK!スマホの充電を100%にして会場へ向かいましょう^^

まずは、「もういちど、はじめましてスヌーピー。」ということで、スヌーピーの作家、チャールズ・M・シ...

Please reload

category

Please reload

 FOLLOW ME!
  • Twitter B&W
  • Instagram B&W