©winkey Co.,Ltd.All rights reserved

ART BOOKMARK アートブックマーク

ARTをもっと楽しく

美術展・展覧会情報
  • Twitter B&W
  • Instagram B&W

December 2, 2019

エドゥアール・マネ 《フォリー=ベルジェールのバー》 1882年 油彩・カンヴァス 

コートールド美術館蔵 © Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)

現在、東京都美術館で開催中の「コートールド美術館展 魅惑の印象派」に行ってきました。

イギリスの実業家サミュエル・コートールドが収集したコレクションが並ぶ本展。

ファン・ゴッホやルノワール、セザンヌやマネ、ゴーガンといった、誰もがその名前を知る印象派・ポスト印象派の作品が一堂に会する、とっても贅沢な展覧会です。

展示では、コートールド美術館...

October 23, 2019

(画像はFLYINGPOSTMANPRESS東京版10月20日発行号) 

東京都美術館で開催中の「コートールド美術館展 魅惑の印象派」。

本展覧会では、ロンドンにあるコートールド美術館のコレクションから、印象派・ポスト印象派の選りすぐりの絵画・彫刻約60点が展示されます。

実業家サミュエル・コートールドが収集したコレクションを核に1932年に設立された同館は、美術史や保存修復において世界有数の研究機関であるコートールド美術研究所の展示施設。

その研究機関としての側面から、画家の語った言葉や同時代の状況、科学調査により明らかになった制作の過程...

October 16, 2019

現在、上野の森美術館にて開催中の「ゴッホ展」。

強烈な色彩で人々を魅了し続けるフィンセント・ファン・ゴッホ(1853~90)。

37年という短い人生のうち、画家として活動したのはわずか10年間。その短い画業にもかかわらず、唯一無二の表現を獲得した背景には、静謐な「ハーグ派」と躍動の「印象派」という大きな2つの出会いがありました。

今回のゴッホ展では、この「ハーグ派」と「印象派」という2つのアプローチから、ゴッホの画業を深く捉えます。

ハーグ美術館の所蔵作品はもとより、イスラエルやスイス、モナコ公国など、10カ国・地域25カ所の所蔵先から、作...

October 16, 2019

10月19日(土)より国立西洋美術館にて開催される「ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」。

オーストリアと日本の国交樹立150周年を記念とし、ウィーン美術史美術館の協力のもと、世界屈指と言われるハプスブルク家のコレクションをご紹介します^^

広大な領地を支配下に収め、神聖ローマ帝国を代々世襲するなど常に脚光を浴びてきたハプスブルク家。

同家の人々はまた、絵画や工芸品、武具などからなる豊かなコレクションを築いたことでも知られています。

本展では、同家の個性豊かな人物たちを紹介しつつ、蒐集の歴史をたどり、コレクターごと、時代...

June 12, 2019

現在、東京都写真美術館にて「宮本隆司 いまだ見えざるところ」が開催中です!

建築空間を題材にした都市の変容、崩壊の光景を独自の視点で撮影した作品によって広く知られる存在となった宮本隆司。


本展覧会では初期の作品から、アジアの辺境、都市を旅して撮影した写真や、徳之島で取り組んだピンホール 作品、ポートレートなどを展示します。確かにそこで見たはずなのに、どこまで見えているのかわからない、そんな、いまだ見えざる人とその場所を展観します。

7/6(土)には宮本隆司によるギャラリートークも開催決定!


「宮本隆司 いまだ見えざるところ」のしおりは都...

April 23, 2019

「赤毛のアン」LDボックス用イラスト 1992年 © NIPPON ANIMATION CO.,LTD.

7月6日(土)より三重県総合博物館にて開催される「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」。

近藤喜文(1950-1998)は、新潟県五泉市に生まれ育った日本屈指のアニメーター。

高畑勲監督の「赤毛のアン」「火垂るの墓」など、日本のアニメーション史に残る作品で作画監督やキャラクターデザインを務め、唯一の長編監督作品「耳をすませば」で大成功を収めたが、1998年1月に47歳の若さで急逝しました。

スタジオジブリの高畑勲・宮崎駿両監督...

April 15, 2019

国立西洋美術館にて開催中の『ル・コルビュジエ展 絵画から建築へーピュリスムの時代』に行ってきました!

20世紀建築の巨匠ル・コルビュジエ(1887-1965)が設計した国立西洋美術館本館で、ル・コルビュジエの絵画、建築、都市計画、出版、インテリア・デザインなど多方面にわたった約10年間の活動を体感できるという贅沢な時間でした^^

ピュリスム(純粋主義)の運動は1918年末、第一次大戦が終わったばかりのパリで、シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジエの本名)と画家アメデ・オザンファン(1886―1966)が共同で開いた絵画展に...

April 3, 2019

TM & ©︎ TOHO CO., LTD.

2019年、名古屋の「ゴールデンウィーク」<GW>が、
ゴジラをとことん楽しむ「ゴジラ・ウィーク」<GW>になる!

4月27日(土)~5月6日(月・祝)の10日間、名古屋市東区東桜にあるオアシス21にて「ゴジラ・ウィーク ナゴヤ」を開催!

1954年に日本で誕生したゴジラは、今年で生誕65周年。さらに5月31日(金)には、ハリウッド版『GODZILLA』最新作『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が世界同時公開されます。

イベントでは、Microsoft HoloLensを活用した屋外アトラクシ...

March 22, 2019

現在、日本科学未来館にて、企画展「工事中!」〜立ち入り禁止!?重機の現場〜が開催中!

初の国産油圧ショベルや、ブルドーザ、ホイールローダ、最新の四脚クローラ方式双腕型コンセプトマシンなど、多種多様な実物展示が勢揃いします。

大迫力の重機を間近で楽しむことができます。さらには、ゴーグルをかぶるだけで地面の下の様子を把握できる映像システムや、水中など危険が伴う現場で作業員の安全を確保する遠隔操作技術など、工事現場に導入された先端技術を実機や映像で紹介。

工事現場に秘められた人類の知恵や重機の仕組み、重機が文明に与えた影響など、さまざまな角度か...

March 6, 2019

東京都美術館 にて『奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド』が開催中!

江戸時代のまさにオールスターともいえる奇想画家たちの傑作が大集合。

割引付きコースターを都内のカフェなどで配布中!

2月20日に発行されたFLYINGPOSTMANPRESSの東京版にも紹介していますのでぜひご覧ください(^○^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【展覧会情報】

奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド

開催期間:2月9日(土)〜4月7日(日)

会場:東京都美術館

Please reload

category

Please reload

 FOLLOW ME!
  • Twitter B&W
  • Instagram B&W