©winkey Co.,Ltd.All rights reserved

  • Twitter B&W
  • Instagram B&W

ART BOOKMARK アートブックマーク

ARTをもっと楽しく

美術展・展覧会情報
 FOLLOW me
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
 RECENT POSTS: 
Please reload

★report★東京都美術館「ボストン美術館の至宝展」

September 11, 2017

 

上野・東京都美術館で開催中の「ボトン美術館の至宝展」。

ボストン美術館が誇る古今東西の傑作80点が集結するまさに “ボストン美術館の決定版”の展覧会とあって楽しみに行ってまいりました!

 

 

展覧会はまさに“ボストニアンたち”になりきってのワールドツアー✨

冒頭は古代エジプト、中国、そして日本美術からスタートです。

 

エジプトでは「ツタンカーメン王頭部」などがあり、やっぱり世界の文明のスタートはエジプトだよね、と旅が始まった感が高まります!

個人的にここでのお気に入りは日本の水墨画「松に鹿・蝙蝠(コウモリ)図」です。タイトル通り、松・鹿・蝙蝠が描かれているのですが、この組み合わせを水墨画で描くってかっこよくないですか?そのシンプルさに心を掴まれました。

 

さらに刺激を求めたボストニアンたちとともにヨーロッパへ。19世紀はヨーロッパ貴族の主に学生の中でグランドツアーという小旅行が流行したんです。今でいう卒業旅行のような感じでしょうか。みんな、のびのびと色々な地域を巡ったそうですが、そうした波に乗ってヨーロッパ美術が収集されていきました。

フランス絵画では、モネやドガ、セザンヌ、ミレーなど誰もが教科書で見た画家たちの作品が並びます。印象派の作品もあり、光に溢れ、開放感のある風が吹き込んできます。モネの花々の作品がとても美しかったです(睡蓮もありますよ!)。そして、本展の目玉でもあるゴッホのルーラン夫妻が登場!

色鮮やかばブルーを基調としたジョセフ・ルーランとグリーンを基調としたオーギュスティーヌ・ルーラン夫人。ゴッホ特有の描き方と模様は、思わず部屋に飾りたくなってしまいます!

 

そこからお膝元アメリカへ。ジョージア・オキーフも登場し、徐々に時が進んできたのを感じます。エドワード・ホッパーは独自の冷たい質感で日常を描く、個人的に好きな画家さんです。彼の版画作品を見られてとても新鮮でした!✨表現媒体が変わると、その作家の特徴を違う角度から感じられるのがいいですよね。モノトーンの版画作品は一見地味に見えるかもしれませんが、静かに見つめていると一番引き込まれるものかもしれません。

 

そしてワールドツアーフィニッシュでは一気に現代へ!

会場の照明もぱっと明るくなり、目の前には村上隆作品やアンディ・ウォーホル作品が。ツタンカーメンに出会ったのが遠い昔に感じます…。

古代から現代までを一気に眺めると、それぞれが際立って、その違いがとても心地よいものです。

 

美術に詳しくない方も、詳しい方も、きっとお気に入りが見つかる、大満足の展覧会だと思います✨

 

展覧会はいよいよ10月9日(月・祝)まで。

まだ行かれていない方はぜひ!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション」

会期:10月9日(月・祝)まで

会場:東京都美術館

HP:http://boston2017-18.jp

 

 

 

 

Please reload