top of page

東京国立博物館にて開催中!特別展「古代メキシコ -マヤ、アステカ、テオティワカン」割引付きステッカー


メキシコには35もの世界遺産があり、なかでも高い人気を誇るのが、古代都市の遺跡群。前15世紀から後16世紀のスペイン侵攻までの3千年以上にわたり、多様な環境に適応しながら、独自の文明が花開きました。本展では、そのうち「マヤ」「アステカ」「テオティワカン」という代表的な3つの文明に焦点をあてます。


前1200年頃から広範な地域に栄え、暦や文字など高度な知識を有する王や貴族が中心となって、交易と戦争を繰り広げたマヤ文明。1325年に首都テノチティトラン(現メキシコシティ)を築き、軍事力と貢納制度を背景に繁栄を謳歌したアステカ文明。前1世紀から後6世紀までメキシコ中央高原に栄え、「太陽のピラミッド」「月のピラミッド」「羽毛の蛇ピラミッド」を擁する巨大な計画都市を築いたテオティワカン文明。


火山の噴火や地震、干ばつなど厳しい自然環境のなか、人々は神を信仰し時に畏怖しながら、王と王妃の墓、大神殿、三大ピラミッドなど各文明を代表する壮大なモニュメントを築きました。本展では、普遍的な神と自然への祈り、そして多様な環境から生み出された独自の世界観と造形美を通して、古代メキシコ文明の奥深さと魅力に迫ります。

本展の割引付きステッカーは、メキシコ料理店やヴィンテージショップなどで配布中!ステッカーは全部で3種類。ぜひお手に取ってみてくださいね。

 

『特別展「古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン」

会場:東京国立博物館

会期:2023年6月16日(金)~9月3日(日)

休館日:月曜日、7月18日(火)

※ただし、7月17日(月・祝)、8月14日(月)は開館

開館時間:9:30~17:00 

※8月11日(金・祝)から9月2日(土)までは金曜日・土曜日・日曜日は午後7時まで

※9月3日(日)は17:00閉館

※総合文化展は17:00閉館

※いずれも入館は閉館の30分前まで

主催:東京国立博物館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社

協賛:NISSHA

協力:アエロメヒコ航空

後援:メキシコ大使館

企画協力:メキシコ文化省、メキシコ国立人類学歴史研究所

 FOLLOW me
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
 RECENT POSTS: 
bottom of page