top of page

上野の森美術館にて開催中!「モネ 連作の情景」平日限定割引付きステッカー



印象派を代表する画家のひとり、クロード・モネ(1840-1926)。自然の光と色彩に対する並外れた感覚を持ち、柔らかい色使いとあたたかい光の表現を得意とし、自然の息遣いが感じられる作品を数多く残しました。同じ場所やテーマに注目し、異なる天候、異なる時間、異なる季節を通して一瞬の表情や風の動き、時の移り変わりをカンヴァスに写し取った「連作」は、巨匠モネの画業から切り離して語ることはできません。移ろいゆく景色と、その全ての表情を描き留めようとしたモネの時と光に対する探究心が感じられる「連作」は、巨匠モネの画家としての芸術的精神を色濃く映し出していると言えるのかもしれません。


1874年に第1回印象派展が開催されてから150年の節目を迎えることを記念し、国内外のモネの代表作60点以上が一堂に会す本展では、モネの代名詞として日本でも広く親しまれている〈積みわら〉〈睡蓮〉などをモティーフとした「連作」に焦点を当てながら、時間や光とのたゆまぬ対話を続けた画家の生涯を辿ります。また、サロン(官展)を離れ、印象派の旗手として活動を始めるきっかけとなった、日本初公開となる人物画の大作《昼食》を中心に、「印象派以前」の作品もご紹介し、モネの革新的な表現手法の一つである「連作」に至る過程を追います。展示作品のすべてがモネ作品となる、壮大なモネ芸術の世界をご堪能ください。


ただいま、モネの作品をデザインした本展の平日限定割引付のステッカーをカフェなどで配布中。また、上野近隣の5つの商業施設では、平日限定割引付のオリジナルコースターが配布されています。

ぜひお手に取ってみてくださいね。

 

会場:上野の森美術館

会期:2023年10月20日(金)~2024年1月28日(日)

休館日:2023年12月31日(日)、2024年1月1日(月・祝)

開館時間:9:00~17:00

※金・土・祝日は~19:00、12月24日より日は〜18:00

※入館は閉館の30分前まで

主催:産経新聞社、フジテレビジョン、ソニー・ミュージックエンタテインメント、上野の森美術館

Hozzászólások


 FOLLOW me
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
 RECENT POSTS: 
bottom of page